ウルフ359調査計画


その他の残骸

損傷を受けたワープ・ナセルと円盤部


ひどく損傷した船のパーツがヴュー・スクリーンの左端に見えます。浮遊しているナセルはギャラクシー級型に見え、他の船から外れていたものの可能性があります。また、円盤部はスター・トレック3で爆発し、墜落したエンタープライズ撮影モデルの円盤部のようです。



損傷したワープ・ナセルと円盤部

(画像参照:The Art of Star Trek)

最初に見える残骸


この残骸は残骸フィールドに入って行く時、エンタープライズDの左舷に見えます。残骸はドッキングポートの様でもあります。



不明な残骸

(画像参照:The Art of Star Trek)

シャトル・コトイ - タイプ7シャトルクラフト NCC-67016


シャトル・コトイは残骸フィールドの一部にあったと思われますが、その存在はスクリーン上では確認されていません。


損傷したシャトルのモデル

(画像参照:The Art of Star Trek)

損傷したギャラクシー級型円盤部


この残骸は残骸フィールドの一部にあったと思われますが、その存在はスクリーン上では確認されていません。


このギャラクシー級型円盤部は、AMT/ERTL社1/1400エンタープライズDのキットで作られました。

損傷したUSSトルストイ


この残骸は残骸フィールドの一部にあったと思われますが、その存在はスクリーン上では確認されていません。


この残骸はUSSトルストイとしてオークションに出品されていたものですが、円盤部のディテールはUSSチェコフの特徴と一致しています。ライジェル級USSトルストイの円盤部がスプリングフィールド級USSチェコフの円盤部と全く同じ形状であった可能性もありますが、実際はUSSトルストイの登場はセリフのみでスクリーンには登場しなかったと思われます。これは撮影に使用したUSSチェコフを分割し、その後オークションに出品された物であると思われます。

より詳細なその他の船の情報を得るにはこちらのページ(英語サイト)を訪れてみて下さい。



プリンタ用画面
前
USS プリンストン
カテゴリートップ
次
ハリウッド映画村